スタッフ日記

野寄社長のオリジナルクラフトビールついに解禁!

アロハ~!ワイオリスタッフの内田です。

自粛期間中、ワイオリは休業しておりましたが、その間に野寄社長オリジナルのクラフトビールづくりは順調に進み、ついに完成しました!

どんなビールかと言うと・・・以前「野寄社長がめちゃくちゃ美味いと絶賛するハワイアンビールが期間限定入荷!」のなかで「和テイストなビール」として少しだけ紹介しました♪

「ビールで和テイスト??お茶?抹茶?!」と私たちスタッフもどんなビールができるのか心待ちにしていました。

今回はオリジナルビールをつくることになった背景についても、ビールの感想とあわせてお伝えします。

  

野寄社長オリジナルクラフトビール、その名も「ハッピービール 侍の茶柱(抹茶エール)」

正面の甲冑姿はもちろん、ワイオリの野寄聖統社長ご本人です。

ラベルにも社長のこだわりがあり、見た目からインパクト大!!

さらに、よく読むと書かれている文章にも味があります。社長らしい、現代の侍に向けたメッセージ。

 

このご時勢、「みんなで宴じゃ~」とはいきませんので、完成したクラフトビールを特別に先行販売してもらいそれぞれの家で一緒に栓を開けて乾杯しようということに。

冷やしたビールとグラスを用意してZoom前でスタンバイ。
※グラスやコップに注いで飲む事で味・風味・香りが全然違うそうです。

 

しっかりお茶の味がする飲みやすい麦酒に驚き

野寄社長の会社、おおきにの社員の方や、仕事仲間の方も参加され一緒にいざ乾杯~!

「めっちゃお茶!」
「今まで飲んだビールで一番おいしい」
「飲みやすい!!」

と、かなり飲みやすくておいしいビールに驚きました。

グラスに注ぐと一般的なクリアな黄金色よりもうすくてにごりのある色です。

飲むとビールの苦味もありつつ後味は、しっかりお茶の味がします。
私は苦味が得意ではないので、普段ビールはあまり飲みませんが、この幸運麦酒(ハッピービール)はとってもおいしくて気に入りました。どんな料理にも合いそう♪

 

いつか自分のクラフトビールを作りたいとの想いからオリジナルビール作りが実現した

オリジナルのクラフトビールづくりは、一人のビール好き女子の『いつか自分のクラフトビールをつくりたい』という想いが実現したものです。

酒造メーカーの知人から「なにかつくりませんか?」とお話をいただいたときに、「いつか自分のビールを作りたい」と仕事仲間のひとりがワイオリで話していたのを思い出したことがきっかけだそうです。

一般的にクラフトビールへの参入はハードルが高いと言われていますが、チャレンジすることを決めたら、そこからがはやい!!

その場に居あわせた別のスタッフは、「目の前で話がどんどん進んでいくのがすごかった!」と話していました。

そこから実際にどんな味にしようか、海外の方にも喜んでもらえたらいいな、と「和」をテーマに第一弾の「抹茶エール」が完成したのです。

第一弾ということは・・?!実は、すでに第二弾も進んでいるようです。

仕事仲間の方とオリジナルビールを飲みながら、店舗を出したときの話や、今後やりたいことなどみんなで爆笑しながらあっという間にビールを飲み干していました。

次は一緒に、ワイオリで乾杯できる日を楽しみにしています。